ホルモン剤を使うときってどんな時?

ホルモン剤はどんなときに使用すれば良いのか?どのような効果をもたらすのか? - ホルモン剤を使うときってどんな時?

ホルモン剤を使うときってどんな時?

gfbgf
ホルモン剤を体外から投与することで様々な効果を得ることができる、とはよく言われています。
しかし、どのようなときにホルモン剤が必要になるのか、ということはいまいちピンと来ていない人も多いかと思います。
ホルモン剤が役立つとき、そしてどのような効果があるのかをご紹介します。

ホルモンバランスの乱れを整える

女性にも男性ホルモンがありますし、逆に男性にも女性ホルモンが存在しています。
ですが、そのそれぞれのバランスが乱れてしまうことによって、本来持っているはずの体の機能を発揮することができていないという場合もあります。
ホルモンバランスの乱れは、肌の荒れであったり体の機能の様々なところに支障をきたすきっかけになってしまうことがあります。
体内でホルモンを生成する能力が落ちてきている場合は、対外からホルモン剤という形でホルモンを補充する必要があります。
これが、まずホルモン剤が必要になるタイミングであって、補充療法がおこなわれる目的でもあるのです。

女性の月経不順などにも

女性は加齢とともに、女性ホルモンであるエストロゲンの生成能力が落ちてきて、体内のホルモンバランスが乱れてしまうことがあります。
特に更年期などになると、女性ホルモンが減少することでバランスが崩れ、様々な面でその影響が現れてくることになります。
月経不順なども、女性ホルモンのエストロゲンが減少してしまうことで起こる症状であり、これにもホルモン剤が効果を発揮してくれます。
経口避妊薬として知られるピルにも、女性ホルモンが含まれていて、これによって体内のホルモンを増やすことができます。
更年期障害といわれる症状も、女性ホルモンのエストロゲンが減少したことが原因であるため、対外からホルモン剤を投与してバランスを整えることにより、症状を緩和することができるのです。
重要なのは、体内のバランスを整えるということです。
女性におすすめのホルモン剤:http://www.okusurizukan.info/

男性ホルモンを投与した場合の効果

男性ホルモン剤の場合、精力剤であったり筋肉増強剤といった名目で使われることが多くなっています。
男性ホルモンで代表的なものといえばテストステロンですが、これが分泌されることによる効果はいくつかのものがあります。
例えば思春期の声変りであったり、性欲の向上などもこのテストステロンに関わっている現象です。
他にも筋肉、骨格の成長、体毛の成長などもテストステロンによるものといえます。
女性と同じく男性も、年齢の増加と共に体内で生成されるホルモンの量が減ってしまうことがあります。
男性が男性ホルモンを減少させると、勃起不全などの機能障害に結びつく場合があり、これをホルモンバランスの面から解決するために、ホルモン剤が使われることがあります。

まずは自分の体の状態を知ること

jtdkukd
ホルモン剤を投与することによる療法で、解決できる症状はいくつもあります。
しかし、まずは自分がそれに本当に合致しているのかどうか、しっかりと症状を見極めることが大切です。
一般的には効果があるといわれているホルモン剤も、もしかしたら自分の体と合わないものを使ってしまっているかもしれません。
医師との相談をしたうえで、自分の体に適しているホルモン剤なのかどうか、ホルモン療法が適しているのかどうかを検討して、治療を行いましょう。
ホルモン剤の投与療法自体も個人差が現れるものですから、効果を得るはずのホルモン療法で悪影響が出てしまっては目も当てられません。

新着情報

◆2016/06/07
ホルモン剤を使うときってどんな時?の情報を更新しました。
◆2016/06/07
更年期障害に役立つホルモン剤の情報を更新しました。
◆2016/06/07
月経不順などに役立つホルモン剤の情報を更新しました。
◆2016/06/01
●企業概要〇の情報を更新しました。
◆2016/06/01
自律神経系に効果のあるホルモン剤の情報を更新しました。